愛宕幼稚園 公式ブログ

天狗さんとの出会い~年長組にもみだねが届きました~

あたご幼稚園に13年前から伝わる伝説、天狗ストーリー。子どもたちのことをいつも源じいの森から見守ってくれ、幻の存在である“天狗さん”が今年度も、年長組の子どもたちのところにやってきました。

 今日はその様子を報告致します。
合同集まり中インターホンが鳴り・・・「(中尾先生)はい!はい!え?年長組の子どもたちに届け物ですか?鼻が長くて背が高くて、蓑を着ているひと?はい!取りに行きます!」
IMGP0154_R.jpg


届け物とは・・・巻き物と、もみ種と、絆パウダーでした。兄姉のいるお友だちはここで気付いた子もいましたね。「やあやあ愛宕幼稚園の年長組の子どもたちよ…」で始まった巻き物に息を飲み真剣に聞く子どもたちでした。
IMGP0158_R.jpg

巻き物の内容には、あたごようちえんの年長組にしか作れないお米を育ててみないか?という内容に声をそろえて、「はい!」「頑張ります!」とやる気満々な子どもたち。
IMGP0163_R.jpg

天狗さんからもらった絆パウダーとは、みんなが友だちに対して優しくしてあげたり、みんなで協力したり、頑張ろうという強い心が集まると絆パウダーとなり、天狗ビンに溜まるというもの。
IMGP0164_R.jpg

その、絆パウダーも目をキラキラさせて見つめていました。年長組の廊下に飾っている絆パウダーを眺めて「あれ?なんか増えてない?」「ほんと!増えた!増えた!みんなが優しいことをしたきやん!」と天狗さんからの初めての贈り物に大興奮!
子どもたちの純粋でとてもかわいらしい姿、きっとお家でも話してくれることでしょう。
天狗さんとの初めての出会いに、「今度はいつ来てくれるかなあ?」「今もみんなのこと見てるんやない?」と言い、子どもたちの心の中に深く残ったことと思います。
IMGP0161_R.jpg

明日は、天狗さんからもらったもみ種を植えます。早く芽が出て、田植えができる日を心待ちにしている子どもたちです。
IMGP0171_R.jpg

これからの天狗さんとの出会いも楽しみですね!
IMGP0185_R.jpg

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック