FC2ブログ
 

愛宕幼稚園 公式ブログ

いのちの授業~年長組~

11月1日(木)、菜の花助産院の助産師さんと、年中組の妊娠9か月になる妊婦のお母様のご協力により、赤ちゃんが生まれるまでのお話、『いのち』についてのお話をエプロンシアターなどを使って、わかりやすく教えていただきました。
P1540353_R.jpg

お腹の中で段々大きくなっていく赤ちゃんの様子に、子どもたちは興味深々。
P1540362_R.jpg

お話の後にお腹の中の赤ちゃんの心音も聞かせてもらい、みんなで耳を澄ますと・・・“どっどっどっど・・・”力強く打つ心音にみんな『ハッ!』と息を飲んで聞き入っていました。
P1540367_R.jpg

少し早いスピードで力強く打つ心臓の音、“いのちの音”です。いのちの誕生を感じた瞬間でした。
P1540372_R.jpg

いのちの授業後、助産師の先生方、心音をい聞かせていただいたお母様へのお礼のお手紙を書きました。そこには、『うまれるまでがよくわかりました』『しんぞうのおとがすごかったです』『げんきにうまれてきてね』など、驚きや発見、心温まる言葉の数々。改めてお母さんのお腹の中にいるとき、お母さんはどんな気持ちだったかな?・・・と色々考えることができました。『僕はお腹の中で頭を下にしてたから、おなか切らんでよかったっていわれたよ!』『女の子が生まれてほしいって思ってたら女の子だったから、嬉しかったって♪』とお家に帰って自分自身のことをきいたお友だちもいたようです。ご家庭でもぜひ、お子様が生まれた時のお話を聞かせてあげてくださいね。

『うんでくれてありがとう!』『うまれてきてくれてありがとう!』
今週は4月からみんなで育ててきたお米の収穫祭も行う年長さん。人の命、生き物の命、作物の命、色々な命のことについて考え、感謝する心が育つといいな~と思います。いのちの授業にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。
P1540370_R.jpg

スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック