愛宕幼稚園 公式ブログ

11月25日~年長組 あたご新嘗祭を行いました!!~

11月23日は勤労感謝の日、そして、新穀の収穫を神様に感謝する“新嘗祭”でした。

年長組でも、今年育てたバケツ稲から収穫された、“うるち米・黒米・もち米”と、田んぼ作り、稲を育てるにあたり、大変お世話になった小山先生からいただいた無農薬の新米を合わせ、スペシャルな雑穀米と、“具だくさんの豚汁”を作り、“ありがとう”の感謝の気持ちを持って“あたご新嘗祭”を行いました!

まずは、もうプロ級の腕前を見せてくれているお米とぎ。
今回は、より一粒一粒を大切にといでくれていた子どもたち。

IMG_5260_A.jpg

IMG_0333_A.jpg

黒米は、別のボールに水につけておくと美味しいとのことで、水につけておくと…あら不思議!水の色が赤紫色に…!!
子どもたちはそれを見てびっくり!
「えっ…なんで!?」「汚れてたん?」「黒米の色が出たんやない?」
「黒米も一緒に炊くときは、この水がとっても大事なんですよ!」
「へぇ~!どうなるか楽しみ!」

さて、次は豚汁作り!
事前の話し合いで決めていた材料をそれぞれ分担して、包丁でトントン。

IMG_0643_A.jpg

IMG_5283_A.jpg

IMG_0349_A.jpg

今回は、冬野菜もたくさん、あごを鍛えるために、れんこん・ごぼうも入り、具だくさん!

クラスにいい香りが漂いだした頃、ご招待していた小山先生が園に到着。
土づくり…バケツ稲の育て方のご指導…種もみを分けて下さったり…稲の様子を見てくださったり…稲刈りのあとの精米…
今日この日まで、たくさんお世話になった小山先生への感謝の会を開きました。

IMG_0357_A.jpg

御礼の言葉と共に、大きなごはん茶碗に乗った、一粒一粒思いのこもった、ごはんの形のメッセージカードをプレゼント。
(“ありがとう” “だいすき” “これからもお仕事がんばってください”など…)

IMG_0354_A.jpg

そして、子どもたちの提案から準備した、小山先生に使っていただくお茶碗・お椀・お箸・箸置きを贈りました。
(保護者様、ご協力ありがとうございました。)

IMG_0356_A_2014112616015891b.jpg

IMG_0324_A.jpg

“いただきます” “ごちそうさまでした”
どちらの言葉も、自分たちの命を元気につないでくれる、たくさんの食べ物の命をいただいていることへの感謝の言葉。
これからも大切にしていきたいですね!

IMG_0658_A_20141126161223088.jpg

そして、5月から進めてきたお米作り。
大きな田んぼがない環境で、小さなバケツでの稲づくりでしたが、その分小さな田んぼの中で頑張って育つ稲への愛着。
一粒一粒の命の大切さを感じてくれた子どもたちでした。
この経験が、ずっと心に残ってくれることを願っています。

小山先生、本当にお世話になりました!!これからもおいしいご飯をモリモリ食べて、元気なあたごっこになりますヽ(^o^)丿
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック