愛宕幼稚園 公式ブログ

1学期ありがとうございました♪~終業式~

本日で26年度の1学期が終了しました!!子どもたちの1学期の成長を振り返りながら、園長先生から終業式のお話をしてもらいました。

新しいお友だち、先生たちに出会った春。どきどきわくわくの1学期はみなさんいかがでしたか??年長さんは、進級直後からの年少さんのお世話に始まり、エコ工房でのリサイクル体験やいのちのたび博物館へのバスハイク等、興味、関心を深める活動で、いつも年長さんの目がキラキラ輝いていましたね☆☆今日も22日から出かけるお泊り会の準備をみんなでやっていた年長さん!荷物運びも先生たちと一緒にみんなでわっしょい!!
DSCF3165_R_20140718143124594.jpg

DSCF3163_R_20140718143122d3b.jpg

DSCF3164_R_201407181431233f9.jpg
今回も引っ越しでお世話になった宮本急送さんが、年長さんの荷物が濡れたりしないように!!とトラックを貸してくださり、今日から荷物積みをすることができました!!
DSCF3166_R_201407181431265b6.jpg
本当に感謝です!!

年中さんも初めての引っ越しの体験をしましたね!!新しい園舎で、染め物遊びをした保育参観ではお家の方と一緒に色の変化に驚き、大発見!!の連続でした(*^-^*)手作りのランチマットで食べる昼食もよりおいしく、楽しくなったことでしょう♪自分たちで栽培したお野菜にも興味津々!!
IMG_0016_R_20140718155845bcc.jpg
毎月の調理保育もとっても充実していました!!
IMG_1177_R_20140718161349cb5.jpg
毎日が楽しすぎて、お熱があっても、幼稚園にいきた~い!!と言ってくれるほどたくさんの笑顔がみられた1学期でした!!
IMG_0531_R_20140718155959b61.jpg

7月の調理では自分たちで栽培したナスをたっぷり入れたカレー作り!!お鍋は空っぽになるほどみんなペロリ賞でした☆松延先生との体操教室ではたくさん体を動かしてみんな心も体もずいぶんたくましくなりました!!
IMG_0074_R_201407181558485e3.jpg


年少さんは初めての制服に、初めての泥んこ遊び♪
IMG_1849_R.jpg
雨の日散歩♪
IMG_0625_R_20140718160004fed.jpg

レインコートがうれしくてみんなにこにこでした(*^-^*)
キャベツをちぎる、寒天の作り方を知る、みんなで育てたトマトを収穫して、冷たいソーメンと一緒にいただく!!と毎月の食育活動もとても楽しみにしてくれていた年少組のみんなでした!!
IMG_0237_R_20140718155849ece.jpg

IMG_0348_R.jpg

ペンギン組さん、いるか組さん、わんぱくルームのみんなは初めての幼稚園がスタートしたお友だちもたくさんいましたね。
涙の登園にお家の方も泣きそうになられたことと思いますが、日に日に楽しいことを見つけることができるようになった1学期☆みんなの笑顔にたくさん元気パワーをもらいました(^_-)-☆
DSCN8584_R.jpg

DSCN8580_R.jpg

DSCN8554_Rss.jpg

DSCF3148_R_2014071614594104d.jpg

IMG_0430_A.jpg

いるか組のみんなは明日が1学期の保育参観ですね!!たくさんのお家の方に1学期の成長した姿をみていただく時間をみんなで楽しみにお待ちしております。保育部のお友だちは明日以降も毎日登園のお友だちもいます!!夏休み期間は色々な先生が、水遊びや、色々な個性豊かな保育で楽しく過ごしてくれることでしょう!!楽しみに登園してください。
らっこ・あひるさんも毎日の成長がすばらしくて、先生たちは感動の連続です!!これからの暑い夏もみんなで楽しく乗り切りましょうね!!
DSCF6436.jpg

DSCF6434.jpg

DSCF6412.jpg

学期末のお礼に変えて、以下、園長より本日発行の園便りの本文を掲載させていただきます。(以下園便りより)

本日で一学期が終了致しました。春から比べると本当によく日焼けした逞しい顔の子ども達。熱が出ても園に行きたいとよく耳に致します。「きっと私自身が我が子と同じ子どもでしたらきっと愛宕幼稚園の一員として毎日楽しく通ったと思います。(学校評価アンケート年中お母様より)」同感です!

ハイハイした!立ち上がった!一歩歩いた!おしゃべりした!パンツマン急増中!自分で出来ることがたくさん増えた0・1・2歳児さん(人間に近づいてまいりました)!
子ども達の真剣な顔や楽しそうな笑顔、腰骨を立て集中して一生懸命に話を聴いている2・3・4・5歳児さんの姿に一学期の心と身体の成長を感じます。一学期参観のラストは19日のいるかさんです。他学年も参観へのご出席と沢山の感想をありがとうございました。

今学期を振り返りますと、引っ越しやⅡ期工事開始の為、保護者様には数え切れぬほどのご協力を頂きながら、何かと行き届かぬ事の多かった一学期でした。お子達の成長に免じてご寛容下さい。一学期のご支援に心より感謝申し上げます。
お寄せいただいた学校評価等を拝見。教職員への労いや励ましの言葉にエネルギーを頂きながら建設的ご意見には「JUST SAY YES」の精神で改善の努力をいたします。

事務長・石丸・塩月三人組は六月から毎日八時四十五分から十時まで安全第一を肝に銘じドライブスルーの任務に当たりました。皆様のご協力のお蔭で事故なく無事本日を迎えることが出来ほっとしております。雨に打たれて発熱し解熱剤を使っていた職員の変化に気づかぬ鈍感さと日頃「プロなら土日で熱を出しなさい」と言っている非情な我が身を猛省致しました。(徒然草にもありますが、友にしてはいけない人に「病なく、身強き人」)

 さて、今は故人となられましたが嶋田学園元教育顧問の各務章先生が中心で活動なさっていらした福岡県命を守る会(我園も会員です)の講演会に、七月六日参加いたしました。

テーマ「生物学的視点からの教育の見直し~科学の光で分かった伝統的教育の正しさ~」講師は九大医学部名誉教授・井口潔先生(九十三歳)「ヒトの教育の会会長」
『子育て、教育とは生物学的に言えば、「ヒトとして生まれてきた赤ん坊を人間にまで育てる事」に尽きます。ヒトとは霊長類ヒト科の動物です。大人の適切な脳の育て方によって、つまり教育によってヒトの赤ん坊ははじめて人間になるのです。❘中略❘

昔の教育は素晴らしい伝統であり、江戸末期にそれを見ることが出来ます。それは、武士道精神に裏打ちされた伝統的教育で、仁(人への思いやり)・義(正しい行い)・礼(社会秩序や慣習の尊重)・知(正しい判断の智慧)・信(欺かない事)のような道徳観念が市民に普及していました。そしてユニークな「素読」という幼児期の教育制度がありました。格調高い古典を反復して音読させるもの。意味はわからなくてよい。「今にわかる!」という独特の教育の理念です。』

『生まれたての赤ちゃんではニューロン回路はまだほとんど未熟で出生後の刺戟で急速に増加し三歳ごろまでに大人の80%くらい、十歳ごろまでにほぼ大人の状態に近づきます。つまり「ヒトの心」は約十年の生理的早産という事です。体の仕組みは大人のそれとほとんど同じなのに心は出生後約十年間に大人から養育を受けて初めて人間になるように創られるのです。つまり養育の条件次第でヒトの心は善にも悪にもなるということです。』(以上資料抜粋)感性を磨き、徳性を養い、学習によって知性を獲得する。感性と徳(道徳・善悪・善く生きる)乳幼児期の教育が大切です。大人の姿こそが教科書ですね!


1学期間、本当にありがとうございました!!残念ながら、夏休み中にお引っ越しをするお友だち、ずっとずっと応援していますよ!!またいつでも遊びにいらしてくださいね!!
IMG_1236_R.jpg

IMG_1234_R.jpg

DSCF3173_R_20140718174206529.jpg

DSCF3174_R.jpg

夏休み中も楽しい園の様子はアップできたらいいな♪と思っていますので、時々覗いてくださいね(*'▽')みなさん、楽しい夏休みをお過ごしください(^^♪
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック