愛宕幼稚園 公式ブログ

秋のお彼岸には “おはぎ”?“ぼたもち”?

23日の秋分の日を前に秋のお彼岸にお供えするご家庭も多いかと思いますが、今日は年少組で季節の調理保育『おはぎ』作りを行いました。

春のお彼岸は牡丹の花の咲くころということで、“ぼたもち”と呼びますが、秋のお彼岸は萩の花が咲くころということで、“おはぎ”と呼びます。
DSCF6949_R.jpg
同じものなのに、季節によって、呼び方を変える日本人の感性は、やはり素晴らしいなあと感じます。年少組では先日の壁面作りでコスモスのお花を見たりして、今日もあらたに季節のお花、萩の花に興味を持ってお話も聞いてくれました。

まずは、もち米と白米の違いをみんなで見てみました。
DSCF6950_R.jpg
色は?においは?と聞いていくと、子どもたちの答えが面白く、『2つともしろだけど、何か違うしろだね~!!(じ~っと見つめるお友だち)』『こっちのお米でママがいつもご飯作ってる!!(なんて、するどい!!)』子どもたちはよくみてますね!!もち米、白米の違いが完璧にわかる子どもたちに驚きの時間となりました(*^。^*)

今日は白色の少し濃い、“もち米”でおはぎを作りました。お米がおこわに炊き上がるにつれ、いいにおいがお部屋の中に充満してきて、子どもたちも『ご飯のにおいだ~!!』とくんくんお鼻が反応していました。
P1570026_R.jpg

DSCF6908_R.jpg

今日はすりこぎを使って、お餅つきのようにおこわになったもち米をぺったんぺったん。
IMG_2152_R.jpg

IMG_2145_R.jpg

IMG_2150_R.jpg
中には1・2・3・4・・・・とグループみんなで声をあわせてはい交替!!と掛け声もバッチリのグループさんも!!子どもたちの積極性、自分たちで考える力、団結力など、入園当初から比べると見違える成長ぶりが感じられる調理保育となりました。
DSCF6911_R.jpg
ご飯のつぶが、どんどん潰れて、お餅のような粘りが出てくる様子がとっても楽しげな子どもたち。かわいかったですよ♪

さあ!あんこを薄く伸ばした上に、みんなでつぶしたおこわを置いて・・・ラップできゅきゅっと茶巾のように丸めると・・・おいしそうなおはぎの出来上がり!!
IMG_2182_R.jpg

DSCF6930_R.jpg

IMG_2168_R.jpg

できたてほかほか、おいしいおはぎをみんなでおいしくいただきました。
IMG_2189_R.jpg

IMG_2197_R.jpg
『おいし~い!!』中にはあんこが苦手なお友だちもいましたが、『はじめて食べれた!!あんこあま~い!!』と初めてのあんこ実食!!となったお友だちもいました。

簡単にできて、おいしいおはぎ作り、ぜひお家でもチャレンジしてみてくださいね。23日の秋分の日には、先祖を敬い、故人をしのび、おはぎを食べながら、心静かに秋の1日を過ごされてはいかがですか??

夜になると、秋の虫たちの大合唱がきこえてくる今日この頃ですが、本日19日は中秋の名月、十五夜ですね。
年中組ではお月見だんごを作って一足先にお月見の予行練習!?ヽ(^。^)ノ年中さんのお団子作りの様子は明日、写真と一緒に報告させていただきます!!みなさんも、今夜、夜の空に輝くお月様をご覧くださいね!!

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック