FC2ブログ
 

愛宕幼稚園 公式ブログ

年長組~命の授業を行いました~

こんにちは、年長ぐみです。
あっという間に2学期が終わり、冬休みがスタートしました。

年長組は今まで、命についてたくさんのことを学んできました。
そして今は学んできたことを生かし、ライオンキングの表現を楽しんでいます。
命の尊さ、大切さ・・・・・・受け継がれていく生命。

果たして人の命とはどうやって誕生しているのか・・・・
18日は、延期になっていた命の授業を行いました。
事前におうちの方に自分が生まれたときのことをインタビューしていた子どもたち。
「お母さんお腹痛かったんだって」「転ばないように気を付けてたんだって」
おうちの方も子どもたちの質問を受け、生まれたときのことを思い返し・・・・
時が経つにつれ、当たり前になっていたこの命は、奇跡だなあと改めて思いました。
そんな感想もいただいていました。

助産師の梶嶋先生と、出産を目の前に控えているくまぐみの保護者様にお越しいただき、特別授業!!!!

梶嶋先生からは、命の誕生を教材を使って分かりやすく説明していただきました。
はじめはみんな、お母さんのお腹の中で目に見えないぐらいの小さな点「・」から
命が始まりましたという話に驚き・・・・

だんだん大きくなるにつれて
「あ!手がある!」
「わ!髪の毛が!!!」
と驚きを隠せません。

IMG_4285_2019122017301435f.jpg

IMG_4289_20191220173015943.jpg

IMG_4291_20191220173016fc8.jpg

赤ちゃんが羊水という水の中で生きていること。
お母さんからへその緒をつたって栄養をもらっていること。
いらないものはへその緒をつたってお母さんに返していること。
お腹の中でも声が聞こえていること。
「え~~~~!そうなの!?」
「赤ちゃんてすごい!」「お母さんもすごい!」とさらに目を輝かせる子どもたち。

保護者のお母さまからも、お話しを聞きました。
お腹に赤ちゃんがいると分かった時の、嬉しい気持ちと
「お母さん」になるということに大丈夫かなとドキドキした気持ち。
赤ちゃんを思い、栄養のある食べるものを食べるように心がけたり、
生まれてくる準備をしていること。
生まれてくる予定日はあるけれど、生まれてくる合図は赤ちゃんが教えてくれること、
生まれてきてくれた時、とても嬉しかったこと。
改めて、命の尊さ、大切さ、誕生は奇跡だということを知りました。

特別にあかちゃんの心音も聞かせていただき、
「どくん、どくん、どくん」お腹の中の赤ちゃんは見えないのに、
心臓の音が聞こえます。
「どくん、どくん」心音に合わせてうなずくお友達や声に出してみるお友達、自分の心臓に手を当てるお友達も
いました。
実際にお母様のお腹も触らせていただき、がんばってね、げんきにうまれてねと
パワーのおすそわけ♪

IMG_3455_20191220173008c30.jpg

IMG_3463_20191220173009b1d.jpg

IMG_3497.jpg

IMG_3502_20191220173012247.jpg

IMG_4300_201912201730183c6.jpg

IMG_4324.jpg

たくさんの人から祝福され、生まれてきた子どもたち。
今ここで、生きていることは奇跡です。
おうちの方もドキドキ・ワクワクの気持ちでみんなを守ってきたこと。
そんなおうちの方も、お母さんのお腹の中で大切にに守られて生まれてきたこと。
そして、そのまたお母さんも・・・・・

命のバトンを受け継いで、今、ここに生きている。
そして、年長組さんがこれから繋いでいく未来の命。
サークルオブライフ。命は巡る、、、望みと愛と苦しみ超えて・・・・・。

自分の命。友達の命。すべての命を大切にできる年長組さんでいてほしいなと思います。

梶嶋先生、保護者様、貴重な時間を本当にありがとうございました。

スポンサーサイト